• ホーム
  • 医薬品の効果に個人差がある理由

医薬品の効果に個人差がある理由

女性のお腹を触る男性

「医薬品」・「医薬外品です」という言葉はよく耳にします。
そして、その「医薬品や医薬外品」の効果を宣伝するCMにおいて、「すべての人において効果が現れるわけではありません」や「効果を現すものではなく個人的な感想です。」というフレーズや文章をよく見かけるようになりました。
これは、効果がなかった時に訴えられる事を防ぐ為のものなのでしょう。
このような医薬品の効果に個人差がある理由とは一体、何なんでしょうか。
よく知られている例をあげると、男性の薄毛に効果があるとされる医薬品は、効果のある人と効果の無い人がはっきりしていて、あるDNA型では薬の効果が無いという事がわかっています。
そのDNA型の検査を「AGA検査」といいます。
専門の病院へ行き毛髪を検査する方法もありますが、自宅にてキットを通販で購入し口内粘膜を採取し、それを検査機関んに送る事によって、AGA検査を受ける方法もあります。
医薬品の効果に個人差がある理由がDNA型の違いだった場合には、早期にDNA検査を受ける事に寄って、より効果のある医薬品にチャレンジすることができるので、今後様々な医薬品において効果のでるDNA型が解明されることが望まれます。

サイト内検索